映画「トゥームレイダーズ」あらすじ

アンジェリーナジョリー演じる、ララクロフトがアクションで大暴れする作品です。アクションの大胆さや女性がここまでアクションを完璧にこなすという凄い作品です。大きな屋敷に住むララクロフトはクロフト卿、お父さんをなくしていて、それ以来父の面影を探している。色んな世界各地の古代の遺跡から宝物を探すトレジャーハンターをしている。父が残した家の中に残されていた時計を発見したララ。光のトライアングルを探すカギを見つける。イルミナティーの一員のパウエルの仲間に邸宅を襲われてしまい奪われる。父が残していた手紙から時を支配することができるというのが分かったララは悪にされぬように二か所にあるカンボジアの1つにむかう。パウエルも来ていてカギはパウエル残りの半分を見つけるためシベリアに行き、犬ぞりで進む。5000年に一度の惑星が動きだしトライアングルを探し父と会いたいララはパウエルは時を自分のものに支配したいので二つが出会う時父が現れる。父と会い喜ぶララにお父さんは時の支配は間違っているすぐにこれを壊しなさいと告げる。執事と助手の機会のマニアの三人の強いチームワークも見ものです。ダニエルグレイグのセクシーな二人のやり取りも素敵です。犬ぞりで走りまくっている姿のかっこよさは凄いです。いつも堂々としたララの強さも女性としてみていてスカッとします。このアクションの身のこなし方など切れのある動きはただ者ではないという貫禄です。

映画「トゥームレイダーズ」感想

アクションの凄さは言うまでもないという感じです。このララの優しい父を思う気持ちが根底にあるのでどんだけすごいアクションをしても父をいつも思いまっている姿が印象的です。ダニエルグレイグとのやりとりも好きです。いつも素敵な男性を好きになるララですが、少し悪い男が多い気がします。でもアクションで命からがらだからそこでアドレナリンが出てどうにでもという気分になるのか恋愛も派手な感じがします。本当に信じられる仲間がいつもそばにいてくれているのでいらない男は去っていく運命なのかなと思います。このララの強い女性像はかっこよく映ります。むしゃくしゃするときはこの映画でアクションですかっとしてでも色気のあるララのギャップが魅力的な作品です。何度見ても飽きない勇敢な女性の作品だと思います。色気を勉強したいときや強くなって何かをやり遂げたいときとかに弱気になった時などこれを見てララの心意気をまねるのもいいなと思います。